special

  • TOP
  • ヒカル君のはんだ付け奮闘記

ヒカル君のはんだ付け奮闘記 - 第8話

ヒカル君のはんだ付け奮闘記 ヒカル君のはんだ付け奮闘記
第8話 「横尾さんとの再会」の巻
1 / 2 / 3 / 4
ヒカル君は、某メーカーに就職しました。
今日は新入社員研修の初日です。
ヒカル君 今日から社会人、緊張するなぁ~。
新入社員は僕だけ・・・同期の女の子と合コンってのは僕にはないのか・・・
横尾さん おはようございます。おっ、君はいつぞやの。
ヒカル君 あ!あなたは横尾さんじゃないですか?!
横尾さん 君はうちの新入社員だったのか。そうか、そうか。ありがちな話じゃのう。ま、よろしくな。
お、そうじゃ、そうじゃ。まだ君の名前を聞いとらんかった。おい、自己紹介せい。
ヒカル君 城ヒカル、22歳。趣味は音楽鑑賞です。あと電子工作に興味があります!よろしくお願いします。
横尾さん 電子工作か。わしと話があいそうじゃのう。ふぉふぉふぉ。
わしは製造課の横尾じゃ。
ところでヒカル君や、この間はどんな話をしたかのう?最近物忘れがひどくていかんわい。
ヒカル君 はんだ付けの歴史についてです。はんだ付けという技術が今もほとんど変わらずに使われているのはなぜかというところで、話がおしまいになったんですよ。
横尾さん そうじゃった、そうじゃった。よく覚えとるのうヒロシ君。
ヒカル君 あのー、ヒカルなんですが・・・
横尾さん おうおう、すまんのう。最近、人の名前を覚えるのが苦手でのう。
はんだ付け技術という観点から見れば技術は日進月歩しておるよ。こては炭火で温めるものから、電気加熱になり、こて先の温度を正確に保つために温度制御されとるものもある。はんだ付け方法にしても、こてではんだ付けする数は今では大分少なくなっておる。後で話をするが、リフローやフローはんだ付けといった方法から、超音波、レーザーはんだ付けまでさまざまじゃ。つまり、道具やはんだ付けの方法は昔から考えると想像がつかないぐらい発展しておる。ほとんど変わっていないのは材料のほうじゃな。
ヒカル君 そうですね。
次へ
はんだクラフトサイト