HAKKO

ログイン・新規ユーザー登録

メンテナンス・対処方法・使用方法

サポート&サービストップ  >  メンテナンス・対処方法・使用方法  >  新品のこて先なのにはんだがのらない

新品のこて先なのにはんだがのらない

こて先にはんだがのらないのはこて先の酸化が原因です。

新品のこて先でも電源を入れて30分以上放置すると、こて先が酸化してはんだがのらなくなります。

  • 新品の状態
  • こて先温度470℃で
    30分放置すると…

  • はんだがはじかれて表面張力で丸くなっています
    酸化がすすんで
    真っ黒になった状態
    この状態だと新品でもはんだがのらなくなります。
こて先の酸化を防ぐために

電源を入れたらはんだが溶ける温度になるまで待って、はんだを多めに送りこて先が空気に触れないようにします。
その後は放置しても作業時には写真のようなぬれ拡がりを保持できます。

こて先にはんだをのせます

こて先クリーニングをすると、ぬれが復活する場合があります



クリーニングワイヤーとヤニ入りはんだを使ったこて先クリーニング

  1. クリーニングワイヤーで酸化した部分を取り除きます。
  2. こて先を250ºC位の温度に設定し、はんだを送る → クリーニングワイヤーでぬぐう、を数回くりかえします。
  • こて先にはんだを送る
  • クリーニングワイヤーでぬぐう
初めのうちははんだがはじいた状態ですが、くり返すうちにぬれが改善することがあります。
改善しない場合はケミカルペースト FS-100 を使ったこて先クリーニングこて先クリーナー FT-700を使ったこて先クリーニングもお試しください。
  1. ぬれが復活したら、酸化防止のためこて先にはんだを十分にのせて終了します。
    こて先にはんだをのせます
使用した製品

 クリーニングワイヤー 599B


ケミカルペースト FS-100 を使ったこて先クリーニング

こて先温度は 350ºCくらいが適温です。

  1. FS-100 ではんだめっき(酸化物を除去)します。
    FS-100ではんだめっきします
  2. クリーニングスポンジやクリーニングワイヤーでこて先に残ったFS-100をでぬぐいます。
  • クリーニングスポンジでこて先に残ったFS-100をでぬぐいます
  • クリーニングワイヤーでこて先に残ったFS-100をでぬぐいます
  1. こて先にはんだを送り、はんだがのるかを確認します。
    こて先にはんだを送りはんだがのるかを確認します
  2. はんだがのるまで13を2回以上くり返します。
    こて先クリーナー FT-700とあわせて使用するとさらに効果的です。
  3. ぬれが復活したら、酸化防止のためこて先にはんだを十分にのせて終了します。
    こて先にはんだをのせます
使用した製品

 ケミカルペースト FS-100


こて先クリーナー FT-700を使ったこて先クリーニング

こて先温度は 350ºCくらいが適温です。

  1. FT-700 で炭化物や酸化物を除去します。
    FT-700で炭化物や酸化物を除去します
  2. ケミカルペースト FS-100 ではんだめっき(酸化物を除去)します。
    ケミカルペースト FS-100 ではんだめっきします
  3. 酸化物が完全に除去されるまで12を2回以上くり返します。
  4. こて先に残ったFS-100をクリーニングします。
    こて先に残ったFS-100をクリーニングします
  5. 最後にこて先にはんだを十分にのせて終了します。
    こて先にはんだを十分にのせて終了します
使用した製品

 こて先クリーナー FT-700


こて先クリーニングをしてもぬれが復活しない場合は、新しいこて先と交換してください。