HAKKO

沿革HISTORY

ホーム  >  会社情報  >  沿革

1952

白光金属工業所として創業。
鍛銅工具およびはんだ錫の製造販売を行う。

  • 創業当時の工場(1953)

    創業当時の工場(1953)

  • 創業当時のスタッフ(1953)

    創業当時のスタッフ(1953)

1954

白光金属工業株式会社に改組、資本金200万円とする。
アルミニュウム溶解炉の製造販売を開始。
銅小型溶解炉を開発、はんだ焼きごての量産システムを確立し、大幅なコストダウンに成功。

1956

通産省より電気器具製造販売免許工場の指定をうけ、電気はんだこての製造・販売を開始。

製品化第一号の電気はんだこて

製品化第一号の電気はんだこて

1958

電気はんだこての輸出を開始。

1961

堺工場を開設し非鉄鍛造部門を移設。(現:白光金属工業株式会社

1962

オーブンウェル型アルミ溶解炉を開発。

1966

米国SKILL社と技術提携。

1967

東京営業所を開設。

1972

多方向穿孔鍛造法を開始。

1976

セラミックヒーターを開発。

1978

超省エネルギー型急速溶解炉HAKKOSEC開発。

1979

C付き温度制御はんだこてを開発し電子産業の発展に貢献。
資本金3,000万円に増資。
STTAC鍛造法を開発。

1980

高まるはんだ除去ニーズに応えハッコーエースを開発。

1982

拡大するロボットニーズに応え自動送りはんだこてを開発。
同時にはんだ送り量やこて先温度を完全制御するSFシリーズを開発。

1983

約10秒ではんだ付けが可能なマッハI型を開発。
資本金4,500万円に増資。

1984

本社新社屋完成。
アメリカ現地法人アメリカンハッコー社設立。
温度自動制御機構付きはんだこての開発育成に対して科学技術庁長官賞受賞。
プリント基板用ソルダーリングシステムHAKKO485開発。

大阪本社

大阪本社

1986

黄綬褒章受賞。

1987

東京営業所、新社屋完成。
シンガポール現地法人ハッコープロダクツ社設立。
仙台出張所開設。
日米はんだ付けセミナーI開催。

1988

日米はんだ付けセミナーII開催。

1989

白光株式会社に改組。
堺工場開設。
シンガポール現地法人ハッコーマニュファクチャリング社設立。
日米はんだ付けセミナーIII開催。

1990

仙台営業所移設。
香港現地法人ハッコーディベロプメント社設立。

1991

上月工場設立。
フィリピン現地法人ハッコーフィリピン社設立。

上月工場

上月工場

1992

マレーシア現地法人ハッコープロダクツ社設立。

1997

上月工場増設。
ISO9001取得。

1999

HAKKOウェブサイト開設。

2001

吉村加代子社長就任。

2002

ISO14001取得。

2005

鉛フリーはんだ付け対応はんだこてFX-951開発。
HAKKOソルダリングスクール開校。

2008

使いやすさを追求したはんだこて FX-888開発。

画像

2010

東京営業所移転

2013

  • ウッドバーニングのお店 木の香 銀座に移転。
  • 高周波誘導加熱式はんだこて FX-100が2013年度グッドデザイン賞を受賞。

2015

高熱容量はんだ吸取器 FR-400が2015年度グッドデザイン賞を受賞。

2018

自動はんだ付けロボット HU-200発売。

画像

2021

HAKKOウェブサイトリニューアル。