製品情報

こて先クリーナー・こて台/メンテナンスキット

HAKKO FT-700

HAKKO FT-700イメージ
  • 鉛フリー
  • RoHS対応
  • デモ機あり
  • こて先の酸化物除去に最適なポリッシャー
  • 強固な酸化膜に付属のブラシで除去
  • 酸化によるこて先短命化対策が可能
品番 価格
FT700-01 ¥15,000+消費税

各品番の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お問い合わせ
カタログ
取説/SDS/技術資料
  • 特徴
  • セット内容
  • 交換こて先・ノズル
  • 交換部品・オプション
  • メンテナンス情報

特徴

FT-700 製品特集

「酸化したこて先のメンテナンスキット」
特に鉛フリーはんだや高温はんだによって酸化したこて先に
ブラシと付属のHAKKO FS-100「ケミカルペースト」により
こて先にダメージを与えずに酸化物の除去ができる
リン酸アンモニウムは使用していません
消費電力は3Wの省エネルギー仕様

使用方法/使用例

・操作方法
こて先が黒く酸化。
こて先が
黒く酸化。
こて先温度は300℃くらいが適切です。 再はんだめっき完了。
再はんだめっき
完了。
※酸化防止のため、こて先にはんだを十分にのせてから終了してください。
↓           右
酸化膜の除去。
酸化膜の除去。


右 FS-100で再はんだめっき。
FS-100で
はんだめっき。
右 こて先に残ったFS-100をクリーニング。
クリーニングスポンジやクリーニングワイヤーでこて先に残ったFS-100をクリーニング。
右 こて先にはんだをのせて酸化防止。
こて先に
はんだがのるかを確認。
  右
はんだがのるまで2回以上繰返し。

こて先温度が400℃以上の場合、"こて先ポリッシャー FT-700"で酸化物が除去されてもすぐにまた黒く酸化してしまう場合があります。


・上記の方法でも酸化膜が除去できない場合
強固な酸化物の場合回転ブラシでも酸化物が除去できないことがあります。このような時は付属のストレートブラシを使用します。
こて先ポリッシャー HAKKO FT-700の付属のストレートブラシで酸化膜を除去   こて先ポリッシャー HAKKO FT-700で酸化膜を除去   ケミカルペースト HAKKO FS-100で再はんだめっき
(1) ストレートブラシで酸化物を除去します。   (2) 回転ブラシで再度クリーニングします。   (3) "ケミカルペーストHAKKO FS-100"で再はんだめっきをして、操作手順の3、4を行います。
ストレートブラシを使用すると、こて先鉄めっきの表面に小さな傷が入ることがあります。
ストレートブラシは常時使用せず、回転ブラシでクリーニングしても酸化物が除去できない時のみに使用してください。

製品情報検索

検索方法

サポート・メンテナンス情報検索

検索方法
  • 3年保証制度/ユーザー登録受付中
  • Document Portal/取扱説明書、技術資料等
  • デモルームのご案内
  • 製品動画一覧