サポート・メンテナンス

メンテナンス・トラブルシューティング・使用例

戻し機構を使うと、どんなメリットがあるの?
はんだ付け後、はんだがこて先付き近にあると熱ではんだが溶けてしまって、 はんだの先端が玉になって余分なはんだを送ったり、先端部のフラックスがとんでしまったりするのを避けるため、 はんだを戻す機構を設けています。
この機構を使用することにより、そういったトラブルなく、スムーズにはんだ付け作業ができます。 はんだ戻し量は本体側面にある「調整穴」 にマイナスの精密ドライバーを差し込んで調整します。
組合せ

はんだの戻し量は、0~5mmの間で調整できます。ただし、戻る量は、送る量よりもなるべく小さくしてください。 送る量よりも大きくするとはんだが巻き戻されることになります。