製品情報

はんだこて/ステーションタイプ

HAKKO FX-100

HAKKO FX-100イメージ
  • 鉛フリー
  • ESD SAFE
  • RoHS対応
  • デモ機あり
  • 3年保証対応
  • 高品質なモノづくりを支えるIHはんだこて
  • 微小こて先でも独自技術のパワーアシスト機能で優れた熱供給を実現
  • 内層に大グランドパターンのある多層基板など高難易度のはんだ付けに最適
  • 作業に応じてマイクロはんだこてがオプションで選択可能
品番 価格
FX100-81 ¥60,000+消費税

各品番の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お問い合わせ
カタログ
取説/SDS/技術資料
  • 特徴
  • セット内容
  • こて先・ノズル
  • 交換部品・オプション
  • メンテナンス情報

特徴

IH方式が生み出すヒートパワーで
高密度マイクロソルダリングが変わります

IH(高周波誘導加熱)方式とは?

IH方式は、センサーによるヒーターの通電をON/OFFして温度を制御する抵抗加熱方式と違い、 こて先そのものが発熱・一定温度を保持する方式のため、小さなこて先でも高密度・高熱容量基板に対応できます。

IHはんだごて

IH方式なら、はんだこての温度管理が容易に

従来の温度設定方式とは異なり、それぞれのこて先ラインナップで温度を固定することで はんだこての設定温度管理がさらに容易になりました。
どの温度タイプを選んでいるかを簡単なボタン操作で液晶パネルに表示させることも可能です。

はんだこてHAKKO FX-1001(標準で付属):350℃、400℃、450℃
はんだこてHAKKO FX-1002(オプション):350℃、400℃

熱容量が少し足りないと感じたら・・・・

はんだ付け作業中に熱容量が足りない場合は、BOOSTモードにすることにより、実温度少しあげることができ、作業性が向上します。

モード表示

2種類のこて部で「高密度の高熱容量基板」から「顕微鏡下でのはんだ付け」まで対応

ステーション
標準で付属 オプション
はんだこて
HAKKO FX-1001
こて先

高密度の高熱容量基板におすすめです。

対応こて先
設定温度 350℃:T31-03シリーズ
400℃:T31-02シリーズ
450℃:T31-01シリーズ
※シリーズ違いでもその形状・サイズは 全く同じです。
はんだこて
HAKKO FX-1002
こて先

顕微鏡下でのはんだ付け作業におすすめです。

対応こて先
設定温度 350℃:T35-03シリーズ
400℃:T35-02シリーズ
※シリーズ違いでもその形状・サイズは 全く同じです。

大型液晶パネルで簡単操作

HAKKO FM-206同様、LCD採用で取説入らずの簡単操作を実現。
プロファイル情報(ステーションやユーザー名)だけでなく、はんだの種類まで登録が可能です。

モード表示