製品情報

はんだこて/ステーションタイプ

HAKKO FX-1002 NEW

HAKKO FX-1002イメージ
  • 鉛フリー
  • ESD SAFE
  • RoHS対応
  • 高周波誘導加熱式のマイクロはんだこて
  • 設定温度は350℃と400℃の2種類
  • FX-100に接続して使用
品番 特長 価格
FX1002-81 ¥7,800+消費税
FX1002-82 コンバージョンキット ¥14,500+消費税

各品番の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お問い合わせ
カタログ
取説/SDS/技術資料
  • 特徴
  • セット内容
  • こて先・ノズル
  • 交換部品・オプション
  • メンテナンス情報

特徴

こて先 T35シリーズ用
IH(高周波誘導加熱)方式 マイクロはんだこて

顕微鏡下で狭ピッチ間にある微細チップなどのはんだ付けに最適

ステーションタイプ HAKKO FX-100に標準で付属しているこて部 FX-1001 (T31シリーズ)でできなかった狭ピッチ間にある微細チップでもFX-1002であれば楽に作業ができるようになりました。
こて先が細いだけでなく、こて先の熱容量をあげることで精密機器の品質安定やタクトタイムの短縮まで見込めます。

FX-1001 こて先J型での作業 FX-1002 こて先J型での作業 ステーション

FX-1001で作業したら右隣のチップに干渉しそうですが、FX-1002だと
周辺のチップに干渉せず作業が可能です。

接続できるステーション
HAKKO FX-100
(1本差し)

Φ3mmのこて先で顕微鏡下での視野を確保

こて
パイプ径
HAKKO FM-2027/FM-2028

設定温度は350℃と400℃の2種類

従来の温度設定方式とは異なり、それぞれのこて先ラインナップで温度を固定することで はんだこての設定温度管理がさらに容易になりました。シリーズ違いでも、その形状・サイズは全く同じです。

T35-XXD06
設定温度 350℃:T35-03シリーズ
400℃:T35-02シリーズ
IH(高周波誘導加熱)方式とは?

IH方式は、センサーによるヒーターの通電をON/OFFして温度を制御する抵抗加熱方式と違い、 こて先そのものが発熱・一定温度を保持する方式のため、小さなこて先でも高密度・高熱容量基板に対応できます。

IHはんだごて

接続できるステーション

品番 対応ステーション
オプションで購入が必要 FX1002-81

FX1002-81

FX1002-82

FX1002-82
コンバージョンキット

HAKKO FX-100

HAKKO FX-100
IHはんだこて
(1本差し)

製品情報検索

検索方法

サポート・メンテナンス情報検索

検索方法
  • 3年保証制度/ユーザー登録受付中
  • Document Portal/取扱説明書、技術資料等
  • どのこて先か迷ったら/こて先選択ガイド
  • デモルームのご案内
  • 製品動画一覧