こて先選択ガイド

こて先選択ガイド

こて先の形状からさがす

BC/C型の使い方・使用例

円すい、または円柱を斜めにカットした型で、ワークにあったカット面のサイズが選べるタイプ。
引きはんだ、リード線の予備はんだなどに使用します。

また、BC/C型には「カット面のみはんだめっき」を施したFタイプがあります。Fタイプは、はんだを送る量を制限したり、隣接する部品へのブリッジを防止したいときに使います。
※大きな熱容量が必要な場合にはむきません。

BC/C型とBCF/CF型の違い
  動画でわかりやすく解説しています。

 BC型C型
相違点形状 円すいを斜めにカットした型
円すいを斜めにカットした型
円柱を斜めにカットした型。
円柱を斜めにカットした型。
こて先の
蓄熱量
BC型は下側へいくほど太くなる形状なので、同じサイズでもBC型の蓄熱量の方が大きくなります。

BC型とC型の違い
  グラフやアニメーションでわかりやすく解説しています。

共有点サイズの
選び方
ワークにあったカット面のサイズを選んでください。

白光が提案するこて先のサイズ(太さ)の選び方

B型やD型で失敗しやすいチップコンデンサのはんだ付けも、BC型やC型ならきれいにフィレットを形成することができます。

BC/C型には特殊加工タイプである「長寿命タイプ」のこて先があります。

微小部品(0603など)のはんだ付けに使う

狭小部品(0603など)のはんだ付けに使う

ランドにカット面をあてます。
※写真のこて先はT13-BCF1 で、予熱が可能なN2 仕様にしています。

電極にこて先をあてないように指定されているチップもあります。


おすすめの形状は他にもあります。
微小部品(0603)をはんだ付けしたい。


チップ部品のはんだ付けに使う

チップ部品のはんだ付けに使う。

ランドにカット面をあてて、はんだを送りながらゆっくりこて先を引いていきます。

電極にこて先をあてないように指定されているチップもあります。


詳細を動画でみる


引きはんだに使う

引きはんだに使う。

リードにカット面をあてて、ゆっくりこて先を引いていきます。

フラックスを塗布してからはんだ付けしてください。ブリッジなどのトラブルを軽減します。


詳細を動画でみる(BC型)

 
引きはんだに使う。

詳細を動画でみる(C型)


リード線の予備はんだに使う

予備はんだに使う。

リード線にカット面をあてて、はんだを送りながらゆっくりこて先を引いていきます。

詳細を動画でみる


ポイントはんだに使う

ポイントはんだに使う。
1. ランドとスルーホールを同時に加熱します。
2. ランドの全周にフィレットが形成されるように、はんだを送ります。

詳細を動画でみる


コイルの被覆はがしに使う

コイルの被覆はがしに使う。
1. コイルと端子を同時にあたためます。
2. はんだを送ります。

詳細を動画でみる