HAKKO

ログイン・新規ユーザー登録

メンテナンス・対処方法・使用方法

サポート&サービストップ  >  メンテナンス・対処方法・使用方法  >  FV-310 故障かな?という症状がでたら

FV-310 故障かな?という症状がでたら


ケース 1. モーターは回っているのに冷風しかでない。

ヒーター切れの可能性があります。ヒーターの抵抗値を確認してください。

ヒーターは使っていくうちに劣化し、ヒーター切れを起こします。
モーターは回っているのに冷風しかでない場合はヒーターの抵抗値を確認してください。
ヒーターの抵抗値 測定方法

【対処方法】

抵抗値が異常な場合はヒーターが切れています。ヒーターを交換してください。
ヒーター交換手順についてはこちらをご覧ください。
ヒーター交換手順

抵抗値が正常な場合は基板等が故障している可能性があり、修理が必要です。
修理についてはこちらをご覧ください。
修理のご案内


ヒーターの抵抗値 測定方法

動画で確認する

抵抗計(デジタルマルチメーター)を使用して、(a)および(b)間を測定します。

正常値は(a) 10.5Ω±10%(b) 11.5Ω±10%です。

必要な工具
  • 抵抗計(デジタルマルチメーター)
  • 2番、軸長150mmのプラスドライバー

ヒーターを取り外す作業は危険を伴いますので、必ずスライドボタンを"0(OFF)"にし、電源プラグを抜いて作業を行ってください。

使用直後の保護パイプとヒーターは高温です。必ずクールダウンを行い、冷却された後に取り外してください。

クールダウンについてはこちらをご覧ください。
FV-310を長く使っていただくために(ポイント1. クールダウン)


ヒーター交換手順

用意するもの
  • FV-310用ヒーター 品番 A5039
  • 2番、軸長150mmのプラスドライバー

ヒーター交換手順を動画でご確認いただけます。

ヒーター交換作業は危険を伴いますので、必ずスライドボタンを"0(OFF)"にし、電源プラグを抜いて作業を行ってください。

使用直後の保護パイプとヒーターは高温です。必ずクールダウンを行い、冷却された後に取り外してください。

クールダウンについてはこちらをご覧ください。
FV-310を長く使っていただくために(ポイント1. クールダウン)


ケース 2. モーターが回らない上にヒーターも熱くならない。

ヒーターが切れている、モーターが故障している、または電源コードが断線している可能性があります。
ヒーター端子部(b)の抵抗値を確認してください。

ヒーターやモーターは使っていくうちに劣化します。
モーターが回らない上にヒーターも熱くならない場合は、すぐにスライドボタン(スイッチ)を"0(OFF)"にし、ヒーター端子部(b)のヒーターの抵抗値を確認してください。
ヒーターの抵抗値 測定方法

【対処方法】

ヒーター端子部(b)の抵抗値が異常な場合はヒーターが切れています。ヒーターを交換してください。
ヒーター交換手順についてはこちらをご覧ください。
ヒーター交換手順

ヒーター端子部(b)の抵抗値が正常な場合はモーターが故障している、または電源コードが断線している可能性があり、修理が必要です。
修理についてはこちらをご覧ください。
修理のご案内

  • 修理に出された場合、劣化している消耗品はすべて交換します。
  • モーターは交換部品として販売していますが、修理技術者以外の方は修理に出されることをお勧めします。
  • 電源コードは交換部品として販売していません。修理対応となります。

ヒーターの抵抗値 測定方法

動画で確認する

抵抗計(デジタルマルチメーター)を使用して、(b)間を測定します。

正常値は(b) 11.5Ω±10%です。

必要な工具
  • 抵抗計(デジタルマルチメーター)
  • 2番、軸長150mmのプラスドライバー

ヒーターを取り外す作業は危険を伴いますので、必ずスライドボタンを"0(OFF)"にし、電源プラグを抜いて作業を行ってください。

使用直後の保護パイプとヒーターは高温です。必ずクールダウンを行い、冷却された後に取り外してください。

クールダウンについてはこちらをご覧ください。
FV-310を長く使っていただくために(ポイント1. クールダウン)


ヒーター交換手順

用意するもの
  • FV-310用ヒーター 品番 A5039
  • 2番、軸長150mmのプラスドライバー

ヒーター交換手順を動画でご確認いただけます。

ヒーター交換作業は危険を伴いますので、必ずスライドボタンを"0(OFF)"にし、電源プラグを抜いて作業を行ってください。

使用直後の保護パイプとヒーターは高温です。必ずクールダウンを行い、冷却された後に取り外してください。

クールダウンについてはこちらをご覧ください。
FV-310を長く使っていただくために(ポイント1. クールダウン)


ケース 3. 風量が調節できない。

風量調節ツマミ、または基板が故障している可能性があり、修理が必要です。

修理についてはこちらをご覧ください。
修理のご案内