HAKKO

ログイン・新規ユーザー登録

メンテナンス・対処方法・使用方法

サポート&サービストップ  >  メンテナンス・対処方法・使用方法  >  FV-310を長く使っていただくために

FV-310を長く使っていただくために

FV-310を長く使っていただくためのポイント


ポイント1. 使用後は90秒以上、収納時は5分以上クールダウンしてください。

作業終了後すぐにスイッチをOFFにすると、ヒーター部の温度が高くなりすぎてヒーター切れをおこすことがあります。
使用後は必ず90秒以上、収納時は5分以上クールダウンし、本体が冷却された後に収納してください。

スイッチ(スライドボタン)は上から ホットエアー / クールダウン / OFF となっています。

ポイント2. 吹出し口を加熱対象物へ近づけすぎないでください。

熱風をあてている対象物に吹出し口を近づけすぎると熱風が滞留し、ヒーター部の温度が高くなりすぎてヒーター切れをおこすことがあります。

対象物と距離をとって使用してください
シュリンク包装をする場合は対象物から10cm以上離して熱風をあててください

ポイント3. 落下など強い衝撃をあたえないよう注意してください。

ヒーターはセラミックを使用しています。
セラミックは強い衝撃をうけると破損し、絶縁不良やヒーター切れを起こすことがあります。


ポイント4. 引火性のガス、粉塵などの環境下で使用しないでください。

ヒーターの電熱線が赤熱していて引火の可能性があります。
粉塵はモーターやファンに悪影響を及ぼすことがあります。