HAKKO

製品を検索

製品カテゴリ

製品情報トップ  >  ホビー 自動はんだ付けシステム はんだこて はんだ送り こて先温度計・テスター こて先クリーナー・こて台 はんだ・フラックス 吸煙器 はんだ槽 吸取器・リワーク関連 リワークステーション 静電気関連 吸着ピンセット 線材加工・その他 熱風炉・工業用ドライヤー メルター・シーラー ホビー  >  シュリンク包装  >  SHRINK MATE

ホビー/シュリンク包装

SHRINK MATE シュリンクメイト

SHRINK MATE
POINT
  • 手軽に楽しめるシュリンク包装用セット
  • パッケージのやり直し、汚れ・ホコリ防止などに

手軽に楽しめるシュリンク包装用セット

包装も「自分でできる」を楽しもう!

お店の陳列、商品の見栄えアップ、パッケージのやり直し、汚れ・ほこり防止などにおすすめです。

工業用ドライヤー FV-310はキャリングケース付き

付属の工業用ドライヤー FV-310 は、温度と風量が可変できるタイプで、シュリンク包装の他にも作業に合わせた細やかな設定が可能です。

FV-310の特徴

ご家庭でも扱いやすい小型卓上シーラー FV-802

出荷時はシュリンク包装用に溶断のヒーターが装着されています。
付属の溶着用ヒーターに付け替えれば、袋を密封することも可能です。

FV-802の特徴

使用できるフィルムのサイズ・厚み

サイズ シール長さ200mm
厚み 袋の厚み合計0.2mmまで

シュリンクフィルムは半折で、作業に便利な収納箱付き

シュリンクフィルムの仕様

サイズ 200(W)mm×100(L)m×15(T)ミクロン
収縮率 タテ:58 ヨコ:60
材質 ポリオレフィン系フィルム

使用方法 / 使用例

1 フィルムを必要量(シュリンクするものより少し大きめに)引き出します。

シーラーの加熱時間調節ツマミを3~4の目盛りに合わせます。
フィルムの中にDVDを入れて、シーラーのハンドルを押し下げ溶断します。(パイロットランプ点灯)
ハンドルは押し下げたまま、パイロットランプ消灯後1~2秒待ってからフィルムを切り離します。
2 まだシールしていない辺をシールして密封します。
3 密封したフィルムの角を(3~5mm)ハサミなどで切り取って、空気穴を空けます。

空気穴は、密封された空気を逃がすために開けておきます。

「破れる」「角が立つ」などは、ちょっとしたコツで予防できます。

4 工業用ドライヤーの温度と風量を調節します。

温度、風量ともに目盛を「3」にあわせ、フィルムの縮み加減では目盛を上げたり、下げたりしてください。

工業用ドライヤー FV-310は、作業に合わせた細やかな設定をすることでシュリンク包装以外の作業も可能です。

FV-310の特徴

5 フィルムの四隅方向から平面の部分に熱風を均等にあて仕上げます。

熱風をあてる時、フィルムから10cm以上離してご使用ください。
近すぎるとフィルムが破けたり裂けたりする恐れがあります。