HAKKO

製品を検索

製品カテゴリ

製品情報トップ  >  はんだこて 自動はんだ付けシステム はんだこて はんだ送り こて先温度計・テスター こて先クリーナー・こて台 はんだ・フラックス 吸煙器 はんだ槽 吸取器・リワーク関連 リワークステーション 静電気関連 吸着ピンセット 線材加工・その他 熱風炉・工業用ドライヤー メルター・シーラー ホビー  >  ステーションタイプ  >  FM-202

はんだこて/ステーションタイプ

販売終了

FM-202

FM-202

FM-202は販売終了しました。

販売終了機種 後継機種

FM-202

販売終了日
:2007/12/03
保守終了日
 こて部

: ―――

 保守パーツ

:2013/09月

 消耗パーツ

:2016/09月

 修理

:2013/12月


FM-203

  • こて2本搭載可能

FM-202用のこて部 FM-2025は販売終了しましたが、後継機種のこて部 FM-2027を接続してご使用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

FMシリーズのこて部について

こて先・ノズル

T7シリーズのこて先は販売終了しました。

 

本体の設定を変更していただくと、後継品のT12シリーズこて先がご使用いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。

FM-202でT12シリーズこて先を使用する場合

T12シリーズこて先

N2(窒素)ガス仕様 組合せ例 (こちらの組合せでN2仕様が可能です。)

N2システムとは?

  品名/仕様 外観 品番 備考
1 HAKKO FM-202 FM202 外観 FM202-17
(販売終了)
こて台(No.FH100-02 599B付き)カード、耐熱パッド、電源コード付き、こて先置き台付き
(既に本体をお持ちの場合は、必要ありません)
温調器
2 FM2026外観
※写真のこて先・ノズル組品は、別販売です。
FM2026-03 こて台カバー(No.B2998)付き
※安全の為こて台に取り付けてご使用ください。
B2998 セット例
N2こて部
3 T13シリーズ T13シリーズ こて先 外観 T13-□□□ お好みの形状をお選びください。
こて先
4 T13シリーズに準じる
T13シリーズ ノズル組品 外観
B2□□□ こて先の形状に合わせてお選びください。
ノズル組品
5 窒素ガス発生装置 FX-780外観 ベーシック
タイプ FX780-01
ステーション固定金具付き
エアーチューブ:
外径Φ6mm
横置きも可能
(イメージ)
横置き 写真
大容量タイプ FX781-81 (はんだこて2本接続可)
6 FX-791外観 FX791-01  
N2ステーション
(流量計)
7 その他 エアーチューブ イメージ
エアーチューブ:外径Φ6mm
※弊社では取扱いがございません。

吸煙器と組み合わせ

卓上はんだクリーナーHAKKO 490 / ライン用吸煙システムHAKKO494と組み合わせることもできます。

--->

メンテナンス情報

エラー表示の  がでて使えない。どうして?

1. センサーが切れていませんか?

ヒーターとセンサー間の抵抗値を測定してください。正常な場合は8Ω±10%です。
「∞」が出た場合はセンサーが切れています。 こて先を交換してください。

2. こて先とスリーブ組品の差込みがあまくないですか?

こて先をスリーブ組品に挿入したときに、「カチッ」という音が鳴るまで押しこんでください。
こて先がスリーブ組品内で、浮いた状態になっても同様のエラー表示がでます。

3. 接続しているはんだこてを変更していませんか?

A. オフセットモードでT12シリーズを使っている場合
故障している可能性があります。修理に出してください。

  • 修理受付けは終了しました。

B. こて先IDモードで、T7シリーズのこて先を使っている場合
接続しているはんだこてを変更したためにエラーがでている可能性があります。以下の方法で正常に使えるようになります。
以下の例に従って確認してください。

図A

ここでは、もともとFM-2022を使っていたが、FM-2027に変更してエラーが出たことを例にしています。

図B

接続しているこてを、FM-2022 から FM-2027 に変更しました。しかも、こて先(T7シリーズ)を装着したまま接続しました。

図C

こて先IDモード時には、以下の順でエラー表示します。

図D

こて先(T7シリーズ)を抜いて、こて先IDを読み取らせるとブザーが1回鳴ります。

T12シリーズのこて先でIDを読み取らせることはできません。

T7こて先とT12こて先の違いについて

図E

こて先を装着します。

図F


こて先IDモード時には、以下の順でエラー表示します。