製品情報

N2システム

窒素ガスとは

窒素ってどんなもの?

空気中の成分

  • いつも私たちが吸っている空気の約78%は窒素です。
  • 無色,無味、無臭の安定した気体です。
  • 多くの生体物質中に含まれ、全ての生物に必要なものです。
  • 窒素の元素記号はNです。
  • 「窒素」は、単体である窒素分子(N2)と化合物(一酸化窒素(NO)、二酸化窒素(NO2)、アンモニア(NH3)など)があります。一般に「窒素」と言えば窒素分子を指します。窒素分子は窒素ガスとも呼ばれます。

窒素ガスはどのように使用されているの?

対象 酸素ガス(活性ガス)がもたらす悪影響 窒素ガス(不活性ガス)の効果
はんだ付け 高温になるとはんだやワークの表面の成分と酸素が結びついて酸化し、うまく流れなくなります。 窒素ガスを使用しながらはんだ付けをすると、はんだが良く流れるようになります。 図解で詳しく説明しています。
食料品の保存 香りや味、鮮度が落ちます。 袋の中身を窒素ガスだけにすると、香りや味は変わらず、鮮度を維持できます。
樹脂の加工 高温で圧縮すると酸化し、焼けや黒点・変色が発生します。 金型内を窒素ガスだけにすると、焼けや黒点・変色を抑えることができます。
レーザーの加工 切断面が酸化しやすくなります。 窒素ガスを吹き付けると、断面の酸化を防止します。
タイヤの空気 タイヤの中の空気中の酸素が抜けやすくなります。 空気の代わりに窒素だけをタイヤに入れると、酸素より透過しにくいので、タイヤから外へ空気が抜けるのを抑えられます。


お問合せ
デモルーム
デモ機貸出