こて先選択ガイド

こて先選択ガイド

シリーズ名からさがす

900Mシリーズ交換こて先

こて先画像:標準 | 拡大

すべて | 標準タイプ | 長寿命タイプ | 狭小作業タイプ(S型)

白光が提案するこて先のサイズの選び方
900シリーズ交換こて先一覧 印刷用PDF ダウンロード

900Mシリーズ
※ニップルの形状は、はんだこてによって変わります。
※鉛フリーはんだ対策をしています。詳細はこちらへ。

アイコンをクリックすると、それぞれの形状のこて先一覧に移動します。
BCM/CM型 BC/C型 B型 D型 I型 J型 K型 SMDタイプ:クワッド型 SMDタイプ:トンネル型 SMDタイプ:スパチュラ型 A型 H型 R型 溝付き型

対応はんだこて

  • HAKKO 928 (販売終了)
  • こて部:900M (ESD)(50W)
  • HAKKO 937 (販売終了)
  • こて部:907(50W)
  • HAKKO 701 (販売終了)
  • こて部:907(50W)
  • HAKKO 936 (販売終了)
  • こて部:907(50W)
  • HAKKO 933/934 (販売終了)
  • こて部:933-1(51W) (販売終了)
  •  
  • こて部:933-2(51W) (販売終了)

BCM/CM型

C型のカット面にくぼみがある型で、はんだ保持力が高いタイプ
くぼみにのったはんだの表面張力でブリッジを防止。引きはんだやブリッジ修正に最適です。
BCM/CM型の使い方・使用例


BC/C型

円すい(円柱)を斜めにカットした型で、ワークにあったカット面のサイズが選べるタイプ
引きはんだ、リード線の予備はんだなどに使用します。
BC/C型の使い方・使用例 BC(C)型とBCF(CF)型の違い


B型

円すい型で、方向性がなく持ちやすいオールラウンドタイプ
小さな面から大きな面まで対応できます。
B型の使い方・使用例


D型

マイナスドライバー型で、線・面の2つのあて方が可能なタイプ
ワークにあった幅(先端のサイズ)が選べて、どんなはんだ付け作業にも対応できます。
D型の使い方・使用例


I型

先端が細い円すい型で、狭ピッチなどに最適な極細タイプ
0603などの微小部品や、携帯電話など高密度実装の基板の修正などに最適です。
I型の使い方・使用例


K型

ナイフ型で、線・面・点の3つのあて方が可能なタイプ
狭ピッチ、ブリッジ修正、引きはんだなどに使用します。
K型の使い方・使用例


H型

J型の先端をカットしたようなタイプ
引きはんだ、ブリッジの修正に使用します。
※J型のように先端をたててブリッジ修正はできません。
H型の使い方・使用例


R型

先端に溝があるタイプ
チップの取外しに使います。
R型の使い方・使用例