製品情報

こて先クリーナー・こて台/こて先クリーナー

HAKKO FT-710

HAKKO FT-710イメージ
  • 鉛フリー
  • ESD SAFE
  • デモ機あり
  • はんだの飛散を防止する回転式こて先クリーナー
  • 2種類のブラシではんだの取れ具合を調整し、こて先の酸化も軽減可能
  • 工具不要のブラシ交換、駆動部へのはんだ屑侵入防止などの安心設計
品番 特長 価格
FT710-01 レセプタクルA付き ¥14,000+消費税
FT710-02 レセプタクルB付き ¥14,000+消費税

各品番の詳しい内容はこちらをご覧ください。

お問い合わせ
カタログ
取説/SDS/技術資料
関連動画一覧
  • 特徴
  • セット内容
  • 交換こて先・ノズル
  • 交換部品・オプション
  • メンテナンス情報

特徴

ワイヤー式とスポンジ式の長所をあわせ持ったこて先クリーナー
クリーニング時のはんだ飛散を防止

 

 

  ・ 開口部はこて先を挿入する部分のみで、はんだの飛散を完全防止
  こてを差し込むと開口部がふさがれ、飛散を防止 
はんだの取れ具合を2種類のブラシでコントロール

  ・ 樹脂製ブラシと金属製ブラシで、はんだの取れ具合を調整
  ワイヤー式を使うとこて先にはんだが残りすぎてはんだ付け時の飛散で困っている、スポンジ式を使うと酸化を早めてこて先の短命化で困っている、というケースに。
・ ワイヤー式とスポンジ式の長所をあわせたクリーナーではんだ付け時の悩みを解消
クリーニング別 はんだの取れ具合の比較
※写真のこて先はT12-D24です。

クリーニング中のこて先温度ドロップを最小限に。
  ・ こて先を挿入すると自動でブラシが回転、スイッチON/OFFの手間を省く設計
・ はんだ付け作業の合間に行うクリーニング時間を短縮、作業効率アップ
・ 電動の回転式クリーナーで、個人差がでることなくクリーニング具合を均一に

クリーニング別 こて先温度ドロップの比較
  ドロップ温度が小さいと、1回のクリーニング時間が変わります。クリーニングは1日に何度も行う作業のため、作業時間全体を圧縮することも可能です。
  1回のクリーニング時間(クリーニングして設定温度まであがる時間を計測しています。)
 
HAKKO FT-710 約2.3秒(参考値)  
ワイヤー式 HAKKO 599B 約2.9秒(参考値)
クリーニングスポンジ 約6.0秒(参考値)

静音設計で、作業時の騒音によるストレスを軽減
  ※他社製の電動式こて先クリーナーに比べても非常に静かです。
メンテナンスが簡単 メンテナンスが簡単
  ・ ブラシの交換が簡単
  → 交換時にねじの取外しは一切ありません。
  ・ 内部にたまったはんだは、はんだ屑受けに。
  → 本体内部の機構部にはんだが飛び散ることはありません。
  ・交換時にうっかりブラシが回ったりしない安全設計
  → ACアダプターを外さないとブラシを交換できません。
   
白光製こて台 HAKKO FH-101、HAKKO FH-200、HAKKO FH-201に接続可能
  ・ 上記3つのこて台ならねじ2つで接続、それ以外のこて台は並べて使用
HAKKO FH-200との接続例 HAKKO FH-800との組合せ例 ※HAKKO FT-710はこて台として使用できません。図のように必ずこて台とセットでご使用ください。