HAKKO

ログイン・新規ユーザー登録

メンテナンス・対処方法・使用方法

サポート&サービストップ  >  メンテナンス・対処方法・使用方法  >  FV-802 消耗部品の交換方法

FV-802 消耗部品の交換方法

FV-802 各部名称とパーツ交換のタイミング

FV-802 各部名称

FV-802 各部名称

パーツ交換のタイミング

ヒーター側部品

  • フッ素樹脂テープ

    フッ素樹脂テープに焦げ目や破れなどが見られたら交換します。

  • ヒーター

    フッ素樹脂テープの交換3回を目安に、またはヒーターに変色や焦げ目が見られたら交換します。

  • 粘着テープ

    粘着テープに焦げ目がついたり、ヒーター交換時に一緒に貼り付き剥がれた場合は交換します。

ハンドル側部品

  • 圧着パッド

    圧着パッドに焦げ目や変形などがみられたら交換します。

 
フッ素樹脂テープの交換方法
ヒーター側部品の交換方法
ヒーター・フッ素樹脂テープ・粘着テープ
ハンドル側部品の交換方法
webページで見る
動画で見る
webページで見る
動画で見る
webページで見る
動画で見る
 

フッ素樹脂テープの交換方法

用意するもの
  • フッ素樹脂テープ(品番 306-2)
  • 1番のプラスドライバー

交換の際は電源コードを抜き、シール部分が熱くないことを確認してください。

  1. テープ押え板のねじ4ヶ所を1番のプラスドライバーで緩めます。

    テープ押え板は取り外さず、ねじを緩めるだけで交換できます。
  2. 消耗しているフッ素樹脂テープを取り外します。

    スライドさせて引き抜いてください。

  3. 新しいフッ素樹脂テープをテープ押え板の片側に差し込み、ねじを締めて固定します。

    フッ素樹脂テープを差し込んだ側のねじ2ヶ所を締めて固定します。

  4. もう片側にもフッ素樹脂テープを差し込み、ねじを締めて固定します。

    差し込んだフッ素樹脂テープがゆるんでこないように、軽く押えながらねじを締めて固定します。

  5. フッ素樹脂テープの交換完了です。

    フッ素樹脂テープの交換3回を目安に、ヒーター、粘着テープも合わせて交換することをおすすめします。

 

フッ素樹脂テープの交換方法を動画でご紹介しています。ぜひご覧ください。


 

ヒーター側部品の交換方法(ヒーター・フッ素樹脂テープ・粘着テープ)

用意するもの
  • フッ素樹脂テープ(品番 306-2)
  • ヒーター
    <溶着用>(品番 306-H) または <溶断用>(品番 307-H)
  • 粘着テープ(品番 307-3)
HAKKO e-shopでのご購入はこちら
  • 1番のプラスドライバー(テープ押え板のねじ用)
  • 2番のプラスドライバー(固定ターミナルのねじ用)
  • スパナ 8mm

交換の際は電源コードを抜き、シール部分が熱くないことを確認してください。

  1. テープ押え板のねじ4ヶ所を1番のプラスドライバーで取り外します。

  2. テープ押え板を取り外します。

    両側のテープ押え板を取り外します。

  3. フッ素樹脂テープを取り外します。

  4. ヒーターを取り外します。

    (1)固定ターミナルをスパナで固定し、2番のプラスドライバーでねじを緩めます。

    固定せずに作業をすると、固定ターミナルが緩み故障の原因となります。
    必ず固定ターミナルをスパナで固定し、ねじを緩めてください。

    (2)ヒーターを押えながらねじを外し、可動ターミナルからもヒーターを取り外します。

    固定ターミナルのねじが緩むと、ヒーターが可動ターミナルに引っ張られて外れる恐れがあります。必ずヒーターを押えながら作業をしてください。

  5. 粘着テープを取り外します。

    粘着テープに付属の補助テープごと全て取り外します。

  6. 剥がした箇所に汚れがあれば拭き取ります。

  7. 新しい粘着テープを取り付けます。

    補助テープが付属している方がハンドル側になるようにして、左右均等に取り付けます。

    粘着テープを押えて、しっかりと貼り付けます。

    上面
    両側面
  8. 新しいヒーターの表を上向きにし、可動ターミナルにヒーター端子の片側をひっかけます。

    ヒーターの表裏 ( 画像は 溶着用ヒーター )

  9. ヒーターを手で引っ張りながら、固定ターミナルにねじで仮止めをします。

  10. 固定ターミナルをスパナで固定して、仮止めしたねじを締めます。

    ヒーターの端子と固定ターミナルのすき間がなくなるまでねじを締めます。

    固定せずに作業をすると、固定ターミナルが緩み故障の原因となります。
    必ず固定ターミナルをスパナで固定し、ねじを締めてください。

  11. テープ押え板を仮止めします。

    両側のテープ押え板を取り付けます。

    テープ押え板を仮止めすることですき間ができ、フッ素樹脂テープを簡単に取り付けることができます。
  12. 新しいフッ素樹脂テープをテープ押え板の片側に差し込み、ねじを締めて固定します。

    フッ素樹脂テープを差し込んだ側のねじ2ヶ所を締めて固定します。

  13. もう片側にもフッ素樹脂テープを差し込み、ねじを締めて固定します。

    差し込んだフッ素樹脂テープがゆるんでこないように、軽く押えながらねじを締めて固定します。

  14. ヒーター側部品の交換完了です。

 

ヒーター側部品の交換方法を動画でご紹介しています。ぜひご覧ください。


 

ハンドル側部品の交換方法

用意するもの
  • 圧着パッド(品番 A1545)
HAKKO e-shopでのご購入はこちら

交換の際は電源コードを抜き、シール部分が熱くないことを確認してください。

  1. ハンドルを上へ持ち上げ圧着パッドを引き抜きます。

  2. 新しい圧着パッドを圧着板に差し込み、奥までスライドさせます。

    圧着パッドと圧着板の両端をピッタリ合わせます。

    圧着板から圧着パッドがはみ出ていると、通電しなかったり、故障の原因となります。

  3. 圧着パッドの交換完了です。

 

ハンドル側部品の交換方法を動画でご紹介しています。ぜひご覧ください。


FV-802を長くご使用いただくためにも、定期的な消耗部品の交換をおすすめします。