HAKKO

製品を検索

製品カテゴリ

製品情報トップ  >  はんだこて 自動はんだ付けシステム はんだこて はんだ送り こて先温度計・テスター こて先クリーナー・こて台 はんだ・フラックス 吸煙器 はんだ槽 吸取器・リワーク関連 リワークステーション 静電気関連 吸着ピンセット 線材加工・その他 熱風炉・工業用ドライヤー メルター・シーラー ホビー  >  ステーションタイプ  >  932

はんだこて/ステーションタイプ

販売終了

932

932

932

HAKKO 932は販売終了しました。

販売終了機種 後継機種

HAKKO 932

販売終了日
:2003/03/01
保守終了日
 こて部
: ―――
 保守パーツ

:2011/08月

 消耗パーツ

:2011/08月

 修理

:2009/03月


FX-838

150Wのハイパワー、高熱容量はんだこて

  • 共有パーツはありません。


FX-801

超高出力300Wヒーター搭載はんだこて

  • 共有パーツはありません。

こて先

902シリーズは販売終了しました。

交換部品

品番 品名 仕様
C1051 こて部 902
  • 販売終了しました。
24V-90W 2.4D型こて先付き

メンテナンス情報

こて先が熱くならない。どうして?

 

Case1

電源プラグまたは、接続プラグが外れている。
電源プラグまたは、接続プラグの接続部を再度確かめてください。

Case2

ヒーター切れ、ヒューズ切れまたは基板の破損。

要因1 劣化、寿命によるヒーター切れ

ヒーターは消耗品なので、長く使用すると劣化します。
ヒーターが切れている場合は、新しいこて先に交換してください。

ヒーター切れの調べ方

プラグのピン間の抵抗値を測定します。
ヒーター3番ピンー5番ピン間 5.0~5.5Ω(23℃の時)
センサー2番ピンー4番ピン間 108.3Ω(23℃の時)

要因2 こて先のリード線のねじれによるヒーター切れ、ヒューズ切れまたは基板の破損

こて先を交換する際、袋ナットを締める時に袋ナットと一緒にこて先が回転してしまうと、こて先のリード線がねじれ、ヒーター切れやヒューズ切れ、基板破損の要因となります。

リード線がねじれたこて先

写真のようにリード線がねじれていないか確認してください。

ねじれている場合は、新しいこて先に交換してください。

新品時のこて先リード線

正常なこて先は、写真のようにリード線がまっすぐになっています。

対策

  1. 袋ナットを締める時(こて先を交換する時)は、こて先が袋ナットと一緒に回転していないことを確認しながら行ってください。
  2. 定期的に、袋ナット内部に付着したフラックスをアルコールでクリーニングしてください。

袋ナットを締める時に、こて先が一緒に回転するように感じたらクリーニングの時期です。

上記いずれにも該当しない場合は、基板が破損している可能性があります。修理に出してください。

  • HAKKO 932の修理受付は終了しました。ご了承ください。