こて先選択ガイド

こて先選択ガイド

こて先の形状からさがす

長寿命タイプ

こて先の短命化には、

・はんだの侵食により鉄めっき部分が侵食され穴があくケース
・はんだめっき部分が黒く酸化し、はんだがこて先にのらなくなるケース

の2種類があります。それぞれにあった対策を施すことで、より長く使っていただくことができます。

侵食により穴があくケース

長寿命タイプのこて先がおすすめです。
侵食により穴があくケース 特殊加工※1により長寿命化を図り、寿命は標準品の約2倍※2の長寿命タイプを使ってください。こて先の種類、形状は限定※3されていますが、その違いを実感できます。

※1 標準品より熱効率がおちる場合があります。
※2 あくまで実験値であり保証値ではありません。
※3 900シリーズの形状4種と、T12シリーズの形状16種が長寿命タイプです。

酸化によりはんだがのらないケース

メンテナンスキットHAKKO FT-700がおすすめです。
酸化によりはんだがのらないケース こて先ポリッシャーHAKKO FT-700と付属のペーストHAKKO FS-100でメンテナンスしてください。鉛フリーはんだや高温はんだによってこて先に付着した酸化物をブラシと除去し、ペーストで再めっきすることができます。
長寿命タイプのメンテナンスにもご使用ください。
鉛フリーはんだを使用するとなぜ、酸化しやすい?

こて先ポリッシャー HAKKO FT-700 squareこて先ポリッシャー
HAKKO FT-700
こて先クリーナー HAKKO 599Bこて先クリーナーをワイヤー式に変えるだけでも酸化のすすみ具合が変わります!

squareワイヤー式こて先クリーナー
HAKKO 599B

こて先にダメージを与えず、酸化物の除去が可能です。



ケミカルペースト HAKKO FS-100 squareケミカルペースト
HAKKO FS-100
こて先の酸化物除去、および再コーティングに 酸化したときの対策から予防方法まで紹介しています。ペーストを使っていただくだけでも違いを実感していただけます。