HAKKO

ログイン・新規ユーザー登録

メンテナンス・対処方法・使用方法

サポート&サービストップ  >  メンテナンス・対処方法・使用方法  >  新しいこて先がヒーターに入らない!

新しいこて先がヒーターに入らない!

ヒーターにこて先のインサートパイプが焼き付いています。

こて内部に入り込んだフラックスが原因でヒーターにこて先内部のインサートパイプが焼き付くことがあります。
そのような状態だと、ヒーターの径がインサートパイプの分大きくなり、新しいこて先が入らないのです。
※通常、インサートパイプが簡単に抜けたりすることはありません。

インサートパイプが焼き付いた状態

こて先内部のインサートパイプ(金属)がヒーターに焼き付くと新しいこて先が入らなくなります
正常であればこて先を外すと白いセラミックが露出します

対処方法

工具などでインサートパイプを外してください。

必要な工具

  • ラジペンなど

外れたインサートパイプをこて先に戻して再度使用することはできません。新しいこて先と交換してください。

工具を使ってもインサートパイプが外れない場合

ヒーターとこて先を交換してください。

定期的に袋ナットを緩めて保護パイプ・こて先を抜き差しすれば、焼き付きを防止できます。

作業終了後は各部品とも非常に熱くなっています。充分冷めた状態で行ってください。

1袋ナットを緩める 2保護パイプを上下に動かす 3こて先を上下に動かす