サポート・メンテナンス

メンテナンス・トラブルシューティング・使用例


はんだがこて先に拡がらなくなったときのメンテナンス方法

はんだ付け作業を行っているとき、「こて先にはんだが拡がらない」「はんだがダマになってきれいなはんだ付けができない」と感じていませんか!? その原因はこて先の『酸化』が原因になっています。
このページでは酸化してしまった、こて先を復活させるメンテナンス方法の紹介をしています。

メンテナンスに必要な部材

HAKKO FS-100 希望小売価格 ¥600 +消費税
サンドペーパー 番手の目安 100
はんだ お持ちのはんだで可能

メンテナンス手順

ステンドグラス用のはんだこて
●ニクロムヒータータイプ(537-02 / 545-02 / 780-02 / 790-02)
●セラミックヒータータイプ(FX-601)

① サンドペーパーでこて先全体の表面を削ります。
  表面を削るときは、決して電源を入れないでください。


サンドペーパーで削るときは力を入れすぎず、なでるようなイメージで削ると、こて先を傷つけず綺麗に酸化物がとれます!!

<サンドペーパーで削った部分と削っていない部分の違い>
<全体をサンドペーパーで削った状態>


② こて先を温めます。
※ FS-100は固形物となっていますので、 こて先温度を上げないと、使用できません。
【537-02 / 545-02 / 780-02 / 790-02】   【FX-601】
※②から⑨までの作業は素早く作業を行ってください。メンテナンス中に酸化する可能性があります。
 
電源を入れてこて先を温めます。
  310℃にメモリをあわせて、電源を入れます。
温度を310℃以下にすると、はんだが溶けにくくなり、スムーズに作業ができません。
また、360℃より高い温度でメンテナンスをするとメンテンス中に酸化する可能性があります。


③FS-100をはんだごてで温めて溶かします。
【537-02 / 545-02 / 780-02 / 790-02】   【FX-601】

はんだこてを手で持ち、FS-100に約40秒間こて先を付けると、FS-100が溶け始めます。 ※40秒は、はんだこてが十分冷えた状態から電源を入れて、FS-100が溶け始める時間です。
 
電源を入れてから、約10秒でFS-100に付けると、溶け始めます。

<溶け始めている状態>


④ FS-100をこて先全体に覆います。
<溶けている状態>
  <FS-100がこて先全体を覆った状態>


⑤ FS-100がこて先全体を覆いましたら、電源を切ります。
【537-02 / 545-02 / 780-02 / 790-02】   【FX-601】

電源を入れた状態でメンテナンスを行うと温度が高温となり、メンテナンス中に酸化してしまう可能性があります。必ず電源を切りましょう。
 
電源は切りません。


⑥ お手持ちのクリーニングスポンジかクリーニングワイヤーでFS-100を拭います。
 
FS-100を使用後は、必ずこて先をクリーニングスポンジかクリーニングワイヤーでFS-100の成分を拭き取ってから作業をしてください。


⑦ こて先全体に、はんだを送ります。
 
 
<はんだが溶けている状態>
【537-02 / 545-02 / 780-02 / 790-02】
はんだが溶けにくい場合は、再度電源を入れてください。
はんだが溶けましたら、電源を切ってください。


⑧ こて先に送ったはんだを、クリーニングスポンジかクリーニングワイヤーで拭います。


⑨ ⑦と⑧の作業を2回以上行い、酸化物が取れていることを確認後、使用しているはんだを足してFS-100の成分を落とします。
⑩ こて先にはんだを送り、こて先全体をはんだで覆います。
  こて先にはんだを送らないと、酸化する可能性があります。

良い作品を作るには、はんだこてのメンテナンスが必要となります。
はんだ付けがスムーズにできない場合はメンテナンスを行いましょう。