サポート・メンテナンス

メンテナンス・トラブルシューティング・使用例

温度プローブ/ホットエアー用(No.C1541)の使い方


温度プローブ/ホットエアー用(No.C1541)には、2種類のセンサーが付属していて
こて先温度計に接続して使います。
■熱風の温度を測定したいとき : センサーA
ホットエアープリヒーターから実際の吹き出ている熱風温度が確認できることにより、
きっちりとした温度管理ができます。
 
■対象部品(ワーク)の温度を測定したいとき : センサーB:※1
部品(ワーク)への熱負荷を考慮した温度管理ができます。

※1 ホットエアーFR-811にはサーモカップル(品番B5128)が付属しています。
こちらを使用しFR-811とPCを連携させると、実温度の動きをリアルタイムで確認できます。
詳しくはこちら
 

 
センサーAの使い方 - 熱風の測定方法
① センサーAの先端を折り曲げ、温度プローブに差し込みます。
※ 赤のマークを合わせて接続してください。
センサーAの先端を折り曲げ、温度プローブに差し込みます。
② こて先温度測定用の温度センサーを取り外し、温度プローブの端子を温度計のターミナルの色に合わせて接続します。 こて先温度測定用の温度センサーを取り外し、温度プローブの端子を温度計のターミナルの色に合わせて接続します。
③熱風の吹出し口から1~2mm離れた位置にセンサーをセットし、熱風の温度を測定します。

熱風はセンサー(特に先端部)だけに当ててください。
センサー取付け部等に当たると、正確な温度が測定できません。

こてホルダーを利用した
ホットエアーの温度測定
フィクスチャーを利用した
ホットエアーの温度測定
プリヒーターの温度測定
こてホルダーを利用したホットエアーの温度測定 温度プローブの先端を、非接触で吹出し口から1~2mmの間隔を空けた状態。 プリヒーターの温度測定

 

 
センサーBの使い方 - 部品(ワーク)の測定方法
複数のホットエアーを用いて同様の作業を行いたい場合
 
① センサーBの端子を温度計のターミナルの色に合わせて接続します。 センサーBの端子を温度計のターミナルの色に合わせて接続します。
② 測定したい部品にセンサーBの先端を熱硬化性接着剤やカプトンテープなどで密着させます。
測定したい部品にセンサーBの先端を熱硬化性接着剤やカプトンテープなどで密着させます。
※ 写真は販売終了したHAKKO FG-100です。
ホットエアー、もしくはプリヒーターで加熱し、対象部品の温度を測定します。