こて先選択ガイド

こて先選択ガイド

シリーズ名からさがす

455シリーズ交換こて先

こて先画像:標準 | 拡大

すべて | 標準タイプ

こて先の外形がφ9.5と太く、シャーシ、大型ハーネス、トランスなど多量の熱が必要場合に最適です。
※456シリーズならこて先の外形はφ11.5です。
※鉛フリーはんだ対策をしています。詳細はこちらへ。

アイコンをクリックすると、それぞれの形状のこて先一覧に移動します。
BC/C型 B型 D型 F型 I型 K型 L型 A型 R型 狭小作業タイプ:S型

対応はんだこて

  • HAKKO 455/456 (販売終了)
  • こて部:455-1(40W)
  •  
  • こて部:455-2(40W)

BC/C型

円すい・円柱を斜めにカットした型で、ワークにあったカット面のサイズが選べるタイプ

  • A1048 3C型
    A1048 3C型
  • A1049 4C型
    A1049 4C型
    No.455-1の標準こて先
  • A1050 5C型
    A1050 5C型
  • A1051 6C型
    A1051 6C型

B型

円すい型で、方向性がなく持ちやすいオールラウンドタイプ
小さな面から大きな面まで対応できます。

  • A1047 B型
    A1047 B型
    No.455-2の標準こて先

D型

マイナスドライバー型で、線・面の2つのあて方が可能なタイプ
ワークにあった幅(先端のサイズ)が選べて、どんなはんだ付け作業にも対応できます。

  • A1052 5D型
    A1052 5D型

K型

ナイフ型で、線・面・点の3つのあて方が可能なタイプ
広い面積を引きはんだしたいときに最適なタイプ

  • A1053 K型
    A1053 K型