ソルダリングスクール

はんだ付け講座:ソルダリングスクール

インスペクタセミナー

はんだ付け済みのサンプルを顕微鏡で見ながら、マニュアルはんだ付けの基礎理論、検査の基礎知識、はんだ付けの良否判定方法を学べます。
実際にはんだ付けは行わず、サンプル基板、端子を顕微鏡で外観目視検査して判定能力をつけていきます。
資格試験は、検査・品質管理者、実装責任者の方におすすめで、2つのコースから選択します。
※はんだ付けの実技はありません。
※資格試験を受験する場合は、セミナーの日程 + 資格試験日(1日)が必要です。

コースの種類と特徴

受験条件
満18才以上で経験3ヶ月以上
インスペクタセミナー
良否判定するはんだ 鉛フリーはんだ
※はんだ付け実技はありません。
コース名

セミナー費用
2日コース
¥42,000 +消費税
1日コース
¥35,000 +消費税
メンバー登録すると特別価格でセミナーを受講できます。
メンバー登録について
コースの特徴 基礎学科・検査学科で1日、実技(判定能力)で1日のコースで、サンプル基板・端子を顕微鏡で検査し、判定能力をつけていきます。

社内指導や、品質管理担当の方におすすめです。
以下の受講の方を対象としたコースです。
1. 実技(判定能力)のみ
対象:更新・追加の方

2. 検査学科のみ+実技(判定能力)
対象:基礎学科を取得されている方
※基礎学科は取得済みで1日目の検査学科から参加を希望される場合も、1日コースの料金で受講いただけます。
受講曜日 開催スケジュールにより変わります。
学科
初日 基礎学科
日本溶接協会発行のテキスト『マイクロソルダリングの基礎』を使用して、はんだ付けの歴史から基礎を学びます。
試験対策用の問題演習付です。


検査学科
日本溶接協会発行のテキスト『マイクロソルダリングの品質検査・判定』を使用して、検査の必要性から各種試験の紹介まで検査全般を学びます。
試験対策用の問題演習付です。
 
実技
(判定能力)
2日目 挿入、表面、端子をサンプルに判定能力の演習
HAKKOソルダリングスクールで使用する基板、端子
写真でどんな部品を判定するか確認できます。
資格試験
最終日 午前 挿入、表面、端子をサンプルに判定能力の演習
HAKKOソルダリングスクールで使用する基板、端子
写真でどんな部品を判定するか確認できます。
午後
A. 基礎学科
試験時間30分
B. 検査学科
試験時間30分
C. 判定能力
試験時間60分
¥3,000 +消費税 ¥3,000 +消費税 ¥12,000 +消費税
※多肢選択式、○×方式 ※多肢選択式、○×方式 ※挿入、表面、端子を各20分で判定します。
※すでに取得されている方や、更新の方は免除されます。
※時間ごとの詳細もあります。
詳細カリキュラム

開催場所 / 開催日

開催場所 白光の大阪本社、または東京営業所
・大阪本社 (定員 12名) /大阪市浪速区塩草2-4-5
地図、およびアクセス方法(大阪)
・東京営業所 (定員 8名) /東京都千代田区神田東松下町14東信神田ビル9F
地図、およびアクセス方法(東京)
開催日 オペレータ、上級オペレータは同じ日程で行いますが、日程ごとに開催場所が変わります。
詳細は開催スケジュールをご覧ください。
開催スケジュール
※開催スケジュールから開催場所も確認できます