ソルダリングスクール

はんだ付け講座:ソルダリングスクール
スクール体験記
第11回 資格証明書が届く ~がんばったことが形に~
試験から76日後 2009.10.1
 
資格証明書が私のもとへ届きました!期日までに合格認定手続きをすると、合否通知が届いた1ヶ月後に資格証明書が届きます。

がんばったことが形になって嬉しかったです。資格証明書は人によって机の中にしまっていたりするようですが、私はいつも持ち歩いています!
 
【上級オペレータ資格証明書 サンプル】
[ 表面 ]
上級オペレータ資格証明書 表面

縦70×横95mmのカードです。
証書番号、合格資格、氏名、生年月日、現住所、顔写真が載ります。

[ 裏面 ]
上級オペレータ資格証明書 裏面

証書有効期限と委員長印、勤務先、所在地、認定証発効日が載ります。

 
資格証明書には合格した種目が載ります。ただし、合格資格に表示されていない種目も、追加して合格すれば認定されますよ!受験種目の追加や、再チャレンジしたい場合は、更新セミナーがお勧めです。
更新セミナーについて

ただ、資格証明書はもらって終わりではありません。資格には有効期限があって、一定の期間がたったら更新の手続きをすることが必要です。資格はとったら終わりではなく、ずっと生かして意味があるということを改めて感じました。
 

オペレータ・上級オペレータの場合の有効期限について
社団法人日本溶接協会より更新手続きの案内が届きます。

1年後、2年後…   書類による継続手続きをします。
試験はまだ受けなくて大丈夫です。
現場ではんだ付けをしているかどうかの確認です。
  • 職歴を記入します。
  • 職場の上司の方のサインをもらいます。
  • 部署の異動など、登録申請されたときの内容に変更があったら訂正欄に記入します。
3年後…………   再度実技試験を受けなければ、資格が更新されません。
ただし、基礎学科は免除となります。
オペレータ・上級オペレータの有効期限について   図解で説明しています。
 
皆さん、資格更新の際には是非、白光にお越しください!

次回は最終回です。
今まで私が体験してきたことを通して感じたことをお伝えします!
 
申込をした6月から資格証明書が発行されるまでの5ヶ月間、長かったです。ひとくぎりがついてホッとしています。
 
最近の体験記
アイコンノート 第12回 終わりに ~いつの日か~
   
アイコンノート 第11回 資格証明書が届く ~がんばったことが形に~
   
アイコンノート 第10回 合否通知が届く(登録手続き) ~忘れられない日~
   
アイコンノート 第9回 試験日 ~決戦の時~
   
アイコンノート 第8回 セミナー3日目 ~時の早さを実感~
   
アイコンノート 第7回 セミナー2日目 ~量より質~
   
アイコンノート 第6回 セミナー1日目 ~気づきは体験から~
   
アイコンノート 第5回 事前対策をする ~学科は万全、実技は・・・~
   
アイコンノート 第4回 振込みをしてテキストをもらう ~予習で準備万端~
   
アイコンノート 第3回 本予約をする ~覚悟の時~
   
アイコンノート 第2回 仮予約をする ~高まる緊張感~
   
アイコンノート 第1回 コースの選択をする ~私が上級オペレータに挑戦した理由~