ソルダリングスクール

はんだ付け講座:ソルダリングスクール
スクール体験記
第10回 合否通知が届く(登録手続き) ~忘れられない日~
試験から41日後 2009.8.27
 
とうとう私のもとへ合否通知が届きました。おろおろして、心拍数が急上昇!同時期に受験していた白光社員はもう結果を見て、合格を喜んでいるので、さらに心が動揺・・・。
 
中を見てみるといくつか書類があり、見たいような見たくないような気持ちで恐る恐る開いてみると・・・。基礎学科と挿入実装、端子が合格!!表面実装は不合格でした。
全種目合格を目指していたので表面を落としたのは残念。でも、自信のなかった挿入が合格し、資格を取得できるので、とても嬉しかったです。

一緒に受けた受講者の方の結果もかなり気になるところ!数名の方より合格したとの嬉しいご連絡がありました!
 
ポイント 合否通知と登録申請書は社団法人日本溶接協会より届きます。時期は、受験した月の翌月の終わり~翌々月の初めです。私の場合は、7月に受験したので、通知が8月の終わりに届きました。
 
合否通知 サンプル 合格認定手続きのご案内 登録申請書
合否通知 サンプル 合格認定手続きのご案内 登録申請書
種目ごとに合否が出ます。 合否の結果によって、今後どのように手続きしていけば良いかの案内も載っています。 学科と実技試験1種目以上を合格した場合に送られてきます。
・手続きの手順が載っています。
・日本溶接協会への認証料の振込み用紙もついています。
・顔写真を添付します。
・登録情報に誤りがあれば、訂正欄に記入します。
・登録申請書を社団法人日本溶接協会へ送ります。
 
合格にほっとするのも束の間、認定の手続きをしました。『合格認定手続きのご案内』をもとに認証料の振込をし、『登録申請書』に写真を貼って送付をしました。『合格認定手続きのご案内』をもとに進めれば、特に難しくなかったです。
 
ポイント 認定手続きは必ず期日までにしてください。期日は、社団法人日本溶接協会より送られてくる『合格認定手続きのご案内』の4.を参照してください。期日までに手続きをしないと、せっかくの合格が取り消されてしまう場合があります。
 
不合格になった種目は、再チャレンジして合格すれば、認定されます。
 
ポイント
 
 
 
 
 
追加で合格した場合、資格証明書発行の手続きの方法は2つあります。

1、既に取得した種目と統合する。
資格証明書は1枚になります。ただし、統合する際は既に取得した資格の期限が適用されるので、登録してから認定期間は短くなります。
2、既に取得した種目とは別に発行してもらう。
種目ごとに資格証明書を保有することになります。例えば1種目ずつ別々に合格して手続きをすると、資格証明書は3枚になります。
 
実技の再チャレンジを希望される場合は、2日間の更新セミナーがお勧めです。
1日練習して1日受験になります。
もしも1日練習だけでは不安であれば、事務局までご相談ください。
更新セミナーについて
 
次回は、社団法人日本溶接協会より資格証明書が届きます。
 
ついにやりました!

「うまくいくのかな」と不安で心がおれそうなときがありました。でも私が受験することを知っているお客さんや白光社員が気にとめてくれて…。私の心の支えになりました!
 
最近の体験記
アイコンノート 第12回 終わりに ~いつの日か~
   
アイコンノート 第11回 資格証明書が届く ~がんばったことが形に~
   
アイコンノート 第10回 合否通知が届く(登録手続き) ~忘れられない日~
   
アイコンノート 第9回 試験日 ~決戦の時~
   
アイコンノート 第8回 セミナー3日目 ~時の早さを実感~
   
アイコンノート 第7回 セミナー2日目 ~量より質~
   
アイコンノート 第6回 セミナー1日目 ~気づきは体験から~
   
アイコンノート 第5回 事前対策をする ~学科は万全、実技は・・・~
   
アイコンノート 第4回 振込みをしてテキストをもらう ~予習で準備万端~
   
アイコンノート 第3回 本予約をする ~覚悟の時~
   
アイコンノート 第2回 仮予約をする ~高まる緊張感~
   
アイコンノート 第1回 コースの選択をする ~私が上級オペレータに挑戦した理由~