会社情報

第22回 関西機械要素技術展 出展のお知らせ

第22回 関西機械要素技術展に出展する運びとなりました。
今回白光では、【自動はんだ付け装置による工程改善のご提案】【IoT対応はんだこてによる日常管理項目のデータ化】【マイクロソルダリングによる0603サイズチップ部品リワーク】をテーマとし、現場での問題解決にお役立ていただける製品を取り揃えております。
実機を使ってのデモも実施致しますので、是非この機会にご来場いただき、手にとってお試しください。
皆様方のご来場を社員一同心よりお待ちいたしております。
展示会名 第22回 関西機械要素技術展
会期 2019年10月2日(水)~10月4日(金)  10:00~18:00
(最終日のみ17:00終了)
会場/ブースNo. インテックス大阪 5号館 ブースNo.25-47
概要
オートソルダリング
白光の提案するロボットシステムHU-200は、ローコストでありながら超高出力300Wではんだ付け不良を低減。
更に、こて先温度トレースができ、カメラによるはんだ付け作業時の画像データ保存ができる新機能を追加。
自動機によるはんだ付け作業の管理をグレードアップ!

HU-200 4軸+1(フィーダー)制御はんだ付けロボットシステム
U-200



IoT対応はんだこて
IoT対応はんだこて FN-1010により、はんだ付け時の情報のデータ化を実現。
また、赤外線送信機能搭載のこて先温度計 FG-100Bと組み合わせて使用することで、温度補正の簡素化やデータ化も可能に。

FN-1010 IoT対応はんだこて
U-200
FG-100B 赤外線送信機能付き温度計
FG-100B



マイクロソルダリングによる0603サイズチップ部品リワーク
マイクロはんだこてFM-2032・FX-1002で0603サイズチップ部品のリワークを実演。
今後ますます部品は軽薄短小に・・・。現場での はんだ付け・リペアーのお困りごとにお応えします。

FM-2032 マイクロはんだこて
FM-2032
FX-1002 マイクロはんだこて
FX-1002