会社情報

紛争鉱物に対する方針

コンゴ民主共和国及びその隣接国では、長期にわたり紛争が続いており、それらの国や地域で産出される鉱物が武装集団の資金源となることが、人道的また社会的な問題として、国際社会で懸念されています。

上記を背景として、米国では『金融規制改革法』が2010年7月に施行され、コンゴ民主共和国及びその隣接国で産出される鉱物(すず、タンタル、タングステン、金)は『紛争鉱物』と定義づけられ、それら紛争鉱物の使用に関する情報の公開を義務付けました。 弊社におきましても、『紛争鉱物使用の禁止』という国際的取組みに賛同し、取引先様と協力し、紛争鉱物を使用しない部材の調達に取り組んでいます。